卒乳後のおすすめバストケア法を教えて!

卒乳後のバストアップケア

ママさんたち、卒乳おめでとうございます!いっぱいお乳を吸って、スクスク育った我が子。しかし残ったのはしぼんだおっぱい・・・!

ママとしては勲章かもしれないけど、女として自信を失いそう・・・諦めたくない・・・。複雑な気持ちでいっぱいのママも多いのではないでしょうか。でも安心して!卒乳後のしぼんだおっぱいからの復活方法はいろいろあるんです。

妊娠から卒乳まで、激動の変化で胸にダメージ

妊娠・出産でバストアップし、卒乳でしぼむおっぱいは劇的なサイズの変化が原因でしぼんで垂れてしまいがちです。さらに卒乳直後だと、授乳をやめたことで乳腺が詰まって痛くなったり、ひどくすると乳腺炎になってしまうこともあります。

吸わないなら余った母乳は絞るしかないのですが、あまりぎゅっと絞るとその刺激でまた母乳が作られてしまいます。絞りすぎないよう、徐々に絞る間隔をあけていくよう、ママの卒乳がまず最初ですね。卒乳が完了したら、バストケア開始です。

  • ブラを新しくする
  • 胸の筋肉を鍛える
  • マッサージする

まずは激変してしまった胸に合った下着選び、そして子育てでこもりがちになって衰えてしまった胸の筋肉を鍛える、バストマッサージでめぐりを良くしてホルモン分泌を促すことがバスト復活のために大切です。

卒乳後だから必要なケア

授乳中はワイヤーのないブラをつけていたのに、卒乳したらワイヤー付きのブラに戻すのは実はけっこう痛いし苦しさもあります。胸もしぼんだし、楽だからノンワイヤーやブラトップでいいか・・・となりがちですが、ノンワイヤーブラやブラトップは胸をきれいに保つにはホールド力が不足しています。

ワイヤー付きのブラを、卒乳後のサイズに合わせて買うことがバストケアの第一歩です。でも普通のワイヤーブラはやっぱり痛い・・・というひとのために、卒乳したママ用のワイヤー入りブラが売られているんです。

ホールド力はしっかりありますが、ワイヤーが痛くないように縫い込まれていたり、気配りが嬉しいブラですね。胸のほとんどは脂肪でできていますが、脂肪は形状記憶する性質があります。ちゃんとホールドして上向きに乳房を固定してくれるブラがあれば、胸の脂肪が位置を覚えて形のよい胸になるんです。

卒乳で乳首からデコルテにかけての範囲が痩せやすいと言われていますので、下からしっかり支えて上向きの胸にすると見た目が違ってきますよ。

あと胸の筋肉を鍛えることです。なに言ってるの?毎日子供を抱っこしてるんだから二の腕はこんなにムキムキよ!というママたちは多いと思いますが、大切なのは胸の筋肉なんです。ブラをつけているように筋肉で胸を支えられるようになれば胸は上向きに形よくなります。

壁から少し離れて立ち、目線の先くらいに手をついて壁腕立て伏せを続けてみましょう。デコルテ付近の筋肉が鍛えられ、胸を引っ張り上げてくれます。さらに手をつく位置を外側に広げて壁腕立てをすると、胸の横が鍛えられるのでさらにバストアップになりますよ。

あとマッサージするのもいいですね。血やリンパのめぐりを良くすると、胸にハリが出て授乳のダメージから回復できます。さらに、胸には女性ホルモンのツボがたくさんあるので、マッサージすることで乳腺を発達させて胸の脂肪を増やし、しぼんだ胸がまた膨らんでくる可能性もあるんです。

ポイントは肌を傷つけないように、クリームや乳液やオイルをつけてマッサージすることです。ブラのワイヤーが当たるライン、デコルテ、胸の谷間に指を滑らせるようにマッサージします。あまり強くやりすぎると乳房の筋肉や皮膚を傷つけてしまうので、やさしく根気強く、毎日の習慣にしてみましょう。

適切なケアで、ダメージからの回復とさらにバストアップも目指しちゃいましょう。ママでも女の自信は失いたくありませんものね。